シミウスに配合されている着色料にはデメリットはある?

シミウス着色料

 

大人気のオールインワンゲル、シミウスですが、シミウスは無添加無着色をうたってはいません。

 

最近、無添加・無着色がやたらと流行っているようですが、スキンケアで一番大事なのは、やはりその美容成分の配合量です。

 

シミウスは、シミへの効果を最大に発揮できるよう、最適な美容成分を配合しています。効果を最大限に引き出すために、添加物も使用しているのです。

 

その為、無添加ではないからといって、シミウスを敬遠するのは大間違い!その美容効果を第一に考えて、オールインワンジェルを選ぶのが賢明ですよね。

 

シミウスに含まれていいる着色料とは・・・?

 

シミウス着色料

 

シミウスには、青1、赤106という着色料が含まれています。

 

これらはタール系の色素に分類されます。ジュースやソーセージなどにも使われている着色料なので、普段の生活でも頻繁に摂取しているものです。

 

体内に入れても、問題がない着色料なのですがら、身体に塗っても、全く問題の無い着色料と言えますよね。

 

シミウスは、その使い心地も人気の秘密。お肌への浸透力が抜群なので、するっとお肌に浸透してくれますよ。紫根エキスをイメージさせるためのこの着色料も、美しいライトブルーを彩るために、一役買っているのですね。

 

副作用などの心配は・・・?

 

シミウス着色料

 

シミウスには添加物・着色料が含まれているということで、その副作用が心配・・・という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

どんな化粧品にも、個別包装で1つ1つが使い切れるといった商品ではない限り、なにかしらの防腐剤などの添加物は含まれているもの。逆に、防腐剤が一切含まれていないような化粧品は、逆に日が経つにつれての劣化が心配になりますよね。

 

使い切る前に、雑菌が繁殖したり、品質が劣化してしまったり・・・そちらの方が、よっぽど問題と言えます。その為、化粧品に防腐剤を含んでいることは、何ら問題ではありません。

 

シミウスは、副作用がでいるような添加物は一切使用していないので、安心してご利用いただけます。それぞれの成分を、ベストな配合で調合しているので、少ない添加物で最大の効果を発揮するよう、開発されたメビウス製薬自信の、オールインワンゲルです。

 

敏感肌や、アトピーの人が使用しても大丈夫なの・・・?

 

シミウス着色料

 

やはり、敏感肌やアトピーの方は、化粧品選びには人一倍神経質になるものですよね。

 

シミウスをお試ししてみたいけど、私は敏感肌でお肌が人一倍弱いから心配・・・そんなかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

基本的には、シミウスは、敏感肌の方でも安心して利用できるように開発された商品なので、問題はありません。

 

ただ、どうしても心配・・・そんな方は、まずは顔ではなく、腕の内側に塗ったりしてパッチテストをしてみるのがお薦めです。腕に塗って3日程度問題ないようでしたら、まずは問題ないと判断できるでしょう。

 

また、アトピーやアレルギー体質の方は、念のため、成分表を確認してアレルギーを持っている成分は含まれていないかどうか、事前に確認されることをお薦めします。

 

>>シミウスの全成分情報はコチラ

 

また、万が一、シミウスを購入後アレルギーが出てしまった・・・そんな場合のために、メビウス製薬は返金保証制度を設けています。

 

その場合は、すぐに使用を中止して、返金保証を使って返品すると良いでしょう。

 

シミウスの着色料、添加物のまとめ

 

シミウス着色料

 

いかがでしたか?シミウスは、シミ・シワへの効果を最大に発揮するよう、美容成分などの量を最適に配合した、メビウス製薬の自信作です。

 

着色料、添加物が含まれているという理由だけで嫌煙するのではなく、まずは一度、お試ししてみて自分に合った商品かどうか、確認されてみることをお薦めします。

 

公式通販の定期コースなら、30日間の返金保証つですし、いつでも解約できるので、安心してお試しすることが出来ます。

 

シミウスにご興味のある方は、是非一度、メビウス製薬の公式サイトで、詳細情報を確認されてみてくださいね!

 

>>シミウスの公式サイトはこちら