シミウスジェルは妊娠中のシミにも効果があるの?

シミウス妊娠中

 

妊娠してから、何となくシミが気になりだした。そう感じられる方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

実はそれ、気のせいではないんです。

 

妊娠中の女性に出やすいシミは“妊娠性肝斑”が原因かもしれません。

 

そこで、妊娠性肝斑の原因をご紹介するとともに、オススメのスキンケアをご紹介したいと思います。

 

妊娠性肝斑とは?

 

妊娠中にあらわれる妊娠性肝斑は、妊娠中に増加してしまう2つのホルモンが影響しています。

 

■プロゲステロン

 

プロゲステロンは妊娠中に増加すると言われる女性ホルモンです。

 

プロゲステロンは“胎盤形成”や“子宮筋収縮抑制”など、妊娠中にとても重要な役割を持つ女性ホルモンです。

 

しかし、プロゲステロンは、そばかすやシミの原因となるメラノサイトを活性化させてしまう作用もあります。

 

そのため、妊娠中にシミを濃くしてしまうことがあるのです。

 

■エストロゲン

 

エストロゲンも妊娠中に増加する女性ホルモンです。

 

エストロゲンはコラーゲンやエラスチンを維持させ、活性酸素の働きを抑える働きがあります。

 

 

この2つのホルモンが妊娠中に増加することで、メラノサイトが活発になり、シミの原因となるメラニンがたくさん作られてしまうのです。

 

これらのホルモンは産後には減少するため、妊娠性肝斑は少しずつ薄くなるとは言われています。

 

しかし、そのまま定着してしまう場合もあり、シミとして完全にお肌に残ってしまうこともあるのです。

 

では、産後にシミを残さないためにもどのようなケアをすれば良いのでしょうか。

 

妊娠中のシミ対策

 

妊娠性肝斑を防ぐには、妊娠中からシミ対策を心がけることが大切です。

 

■紫外線対策

 

紫外線はシミの一番の原因と言えます。妊娠中のお出かけには、日傘をさしたり、日焼け止めを塗るなど、紫外線対策をしっかりとしましょう。

 

■お肌のターンオーバーを促進させる

 

お肌のターンオーバーが正常に行われることで、メラニン色素が排出され、シミの予防に繋がります。

 

美白効果のあるスキンケアアイテムでマッサージをすると、ターンオーバーの促進に効果が期待できます。

 

妊娠中にオススメの美白ケア

 

そんな妊娠中のシミにオススメなのが、シミウスジェルです。

 

シミウスジェルはプラセンタやシコンエキスなどの美白有効成分が贅沢に配合されたオールインワンジェルです。

 

たった1つ10役も果たしてくれるシミウスジェルは固めのテクスチャーでマッサージクリームとしても使用できるように開発されました。

 

シミウスジェルでマッサージすることで、美白有効成分や保湿成分が角層まで浸透し、お肌のターンオーバーを促進してくれます。

 

産後も使えるシミウスジェル

 

また、シミウスジェルは妊娠中だけでなく、産後のママにもオススメのスキンケアアイテムなんです。

 

産後は赤ちゃんのお世話で、なかなか自分のスキンケアに時間を作ることができません。

 

特にお風呂上りは、赤ちゃんに服を着せたり、動き回って目が離せないので大変です。

 

しかし、シミウスジェルならオールインワンなので、すぐにスキンケアが完了します。

 

また、20%オフで購入できる定期コースもあるので、赤ちゃんを連れて外出しにくいママにはピッタリ!

 

産後も安心して使えるシミウスジェルで、シミ対策を始められてはいかがでしょうか。

 

>>シミウスの公式サイトはこちら