ほうれい線の消し方ってあるの?効果的なエクササイズをご紹介!

ほうれい線たるみ

 

年齢を重ねるにつれ、目立ってくるほうれい線。一度ほうれい線ができてしまうと、見た目年齢が5歳から10歳も老けて見えてしまいます。

 

そんなほうれい線の消し方があればとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

実は意外と簡単にほうれい線を消す方法があるのです。

 

そこで今回はほうれい線の簡単な消し方を5つご紹介させていただきます。

 

簡単なエクササイズばかりを集めてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

消し方1:たったの30秒!簡単エクササイズ

 

  1. 人差し指と中指の2本を、頬骨の下にあてて、グルグル回します。
  2.  

  3. 同じようにその2本の指を、小鼻の脇にあるほうれい線の上にのせるような形で、再びグルグル回します。

※爪が長いとお肌を傷つけてしまうので、気を付けて下さい。

 

消し方2:どこでも簡単お口エクササイズ

 

  1. 口を閉じて、頬をすぼませます。そのままゆっくり10秒間キープします。
  2.  

  3. 口を閉じて、思いっきり頬を膨らませます。そのままゆっくり10秒間キープします。

 

この@Aの動作を3回1セットとして、気づいた時に行いましょう。

 

消し方3:舌回しエクササイズ

  1. 口をすぼめて、舌で頬を内側から押すようにします。
  2.  

  3. 時計回りで、上→左→下→右→上と、舌で頬を押すようにゆっくりと回します。
  4.  

  5. 右に3回転したら、次は同じように左に向かって、舌で頬を押すようにゆっくりと回します。これも3回転したら終わりです。

 

※ほうれい線のところで、少し止まりながら強めに押すと、さらにほうれい線を伸ばすことができます。

 

消し方4:顔全体でエクササイズ

 

  1. 目を思いきり開いて、眉も上に上げます。
  2.  

  3. 眉の位置をそのままキープして、開いていた目を半目になるように細めます。
  4.  

  5. 口をタコのように突き出して、ギュッとすぼめます。

 

※顔全体を動かすことで、ほうれい線だけでなく、おでこのシワにも効果が期待できます。

 

消し方5:ペットボトルで簡単エクササイズ

 

  1. いらなくなった500mlサイズのペットボトルに100mlほどの水を入れます。
  2.  

  3. そのペットボトルを、下を向いて歯を使わずに、口にくわえて持ち上げます。
  4.  

  5. そのまま10秒間キープします。
  6.  

  7. この動作を3回繰り返りかえします。3回を1セットとして、朝と晩に1セット行います。

 

※アゴなどに痛みのある方は控えて下さい。

 

まとめ

 

ほうれい線たるみ

 

いかがでしたか?

 

『ほうれい線の改善は一日にして成らず。』

 

必ず、毎日続けることが肝心です。ですから、面倒くさがりやの方でもわりと簡単で続けやすい消し方をご紹介してみました。

 

続けることは大変ですが、テレビを観る時やお風呂の時など、自分でタイミングを決めて、毎日続けることを心がけましょう。

 

また、ほうれい線対策には保湿や紫外線対策も大切です。エクササイズと平行して、スキンケアも怠らないようにしましょうね。

 

その日々の積み重ねが、見た目年齢マイナス5歳を可能にしてくれることでしょう。

 

簡単なものばかりなので、ぜひ試してみて下さいね!

 

>>ほうれい線、口元のたるみの解消に導くオールインワンジェルはこちら