シミの原因は紫外線?

シミ原因

 

シミの原因を知ることで予防へつなげることができます。また、適切なシミケアをすることもできます。

 

シミの原因やメカニズムを知り、シミトラブルを減らしましょう。

 

シミの原因は?

 

シミの原因はメラニンの生成に関係があります。メラニンが過剰に生成されることでシミが作られます。

 

メラニンは、メラノサイトによって作られ、皮膚にはこのメラノサイトに対して「メラニンを作りなさい」と命令する物質があります。

 

メラノサイトにメラニンを作りなさいと命令するきっかけとなるのは?

 

<紫外線>

 

紫外線には2種類の波長がありますが、そのうちの1つは直接皮膚の細胞を攻撃し、DNAを傷つけます。

 

紫外線が肌の中に入ると細胞を守るためメラニンが生成され始めます。通常、紫外線を浴びなくなればメラニンは生成されず、皮膚のターンオーバーにより元の肌色に戻ります。

 

しかし、DNAが傷つけられ異変がおきると、そのサイクルが上手く行かず、シミが発生します。

 

<活性酸素>

 

活性酸素は年齢と共に増えると言われているものです。活性酸素が体内に増えすぎると老化現象と呼ばれる様々な現象に影響を与えます。シミもその一つといえます。

 

活性酸素を取り除くため「メラノサイト刺激ホルモン」と呼ばれるホルモンが分泌されます。このホルモンが分泌されることでメラニンが作られます。

 

活性酸素は紫外線やストレス、飲酒、喫煙、睡眠不足、便秘、電磁波など普段の生活の様々な場面で発生する要因があります。

 

活性酸素を減らすためには、それらの原因を取り除いたり、サプリなどの摂取方法があります。

 

<炎症>

 

ニキビ跡や肝斑など炎症によるシミです。皮膚が炎症を発生すると炎症によるダメージを回復するために新しい細胞を作ろうとします。

 

このタイミングでメラノサイトも一緒に活動を始め色素沈着し、シミの原因となります。火傷やケガ、化粧品などでも炎症を起こすことがあるので注意が必要です。

 

シミかな?と思ったら

 

シミが出来たと思ったら早期に対処が必要です。また、普段から美白効果の化粧品を使うのも良いと思います。

 

<おすすめの化粧品は>

 

普段のスキンケアもでき、シミケアもできる「シミウスジェル」がおすすめです。1つで10役こなしてくれるオールインワンジェルなので、スキンケアをしているのに、いつの間にかシミケアまでできるという優れものです。

 

シミが出来る原因は様々ですが、できる前からしっかりとお手入れをしておくことで安心ですよね。

 

シミの原因まとめ

 

シミの原因のひとつとして紫外線も挙げられますが、他にもいくつか原因がありました。シミが出来てしまう原因とメカニズムを理解し、日常の生活を振り返ってみてはどうでしょうか。

 

また、同時にシミ予防をお手軽な化粧品で初めてみてはどうでしょうか。

 

>>シミに効くオールインワン「シミウス」の詳細はこちら