皮膚科でシミの治療はできる?

シミ皮膚科

 

シミを専門的な機関で治療するなら、皮膚科や美容外科などの病院になります。レーザーなど専門的な医療期間でなければ行うことができない施術もあるため、シミの種類や人によっては有効です。

 

ただ、どんな治療をするのか分からないと行くのも不安です。シミを専門的な機関で治した方が良いのか悩んでいる人へ、皮膚科でのシミ治療について詳しく説明します。

 

皮膚科でのシミ治療(レーザー治療)

 

皮膚科では、シミ取り専用のレーザーを使って肌の手入れをしていくことがほとんどです。ほくろの様に黒く大きくなってしまったシミもレーザーでとることができます。

 

ただ、レーザー治療と聞くと「危険はないの?」と思ってしまいますよね。レーザー治療のメリットやデメリットをまとめてみます。

 

<レーザー治療のメリット>

 

当然、セルフケアではとることのできないシミも簡単に取ることができます。また、皮膚科という皮膚のプロフェッショナルという安心感があります。

 

さらに、1回、レーザー治療を行うごとに劇的な変化を感じることができます。シミによりますが、1回で施術完了ということはあまりなく、4回〜7回程度通って治療を行うことの方が多いようです。

 

<レーザー治療のデメリット>

 

基本的に、保険が適用されないため、高額になります。また、レーザーを当てた部分に日光があたり、よりシミが濃くなったなどのトラブルが起きることもあります。

 

レーザー施術をした場合、皮膚科でも説明が必ずあると思いますが、日光に当てることはNGとされています。また、皮膚が弱くなっているためスキンケアにも最新の注意が必要です。

 

普段よりも肌を気にした生活をしなければなりません。

 

皮膚科でのシミ治療(レーザー以外)

 

レーザー以外の治療法も実はあります。レーザー以外の治療法は薬です。直接顔に当てることがないので安心と思われがちですが、この薬はレーザーよりもシミ取りの効果があるとといわれるほど強烈な薬と言われています。
「確実にシミが取れる」と思った人もいるかもしれませんが、それだけ強力な薬ですから、その分、皮膚へのダメージも大きい物になります。

 

主に含まれている成分は、トレイチノンとハイドロキノンというものです。

 

化粧品の中にも含まれているものがありますが、敏感肌の人がこの2つの成分が含まれているものを使うと副作用が起きると考えて間違いありません。

 

皮膚科でのシミ治療のまとめ

 

皮膚科でのシミ治療もメリット、デメリットがあります。まずは、シミに効果があると言われている化粧品でセルフケアをしてみるのも良いかもしれません。

 

シミに効果があると人気を集めている商品を紹介します。医学と薬学という薬物療法の専門誌でも取り上げられ、注目されている「シミウスジェル」です。

 

金額も、皮膚科に比べると比較にならないほど安く、効果を実感している人からも多数口コミが寄せられています。一度、試してみてはどうでしょうか。

 

>>シミに効くオールインワン「シミウス」の詳細はこちら