シミができるのは遺伝なの?

シミ遺伝

 

シミには様々な種類があると言われています。その中の一つに生まれつきの遺伝というものがありますが、遺伝の影響でシミができるという根拠はありません。

 

どちらかというと、加齢や紫外線の影響を受けやすい遺伝子タイプがあるといわれているに過ぎません。遺伝子タイプやその対策などについて説明していきます。

 

生まれつきの遺伝でシミってどんなタイプ?

 

<メラニン生成タイプ>

 

例えば、色白で日焼けすると肌が赤くなりやすいタイプの人がいます。両親がそのタイプの場合、子ども同じように肌が赤くなりやすく日焼けに弱いタイプの肌になりやすいと考えられます。

 

メラニンの生成の仕方や色素の残り方が遺伝しているためこのような性質が引き継がれます。

 

<そばかすタイプ>

 

そばかすは生まれつきの遺伝の影響が強いシミの種類です。小さい頃からそばかすができるのは、遺伝が関係しているといわれています。

 

シミができる理由は?

 

メラニン生成が活発で色素が残りやすい人は、シミが出来やすくなります。メラニンの生成が行われ色素沈着することがシミができる一番の原因ともいえるからです。

 

また、紫外線を多く浴びるほどシミは出来やすくなります。そのため、シミは大人にできることが多く、子どもにできるのは稀です。

 

ただし、そばかすタイプの場合は遺伝の影響が強いため、小さな子どもでもできる可能性があります。

 

遺伝のシミの対策法は?

 

「生まれつきの遺伝なら、何をしても無理なのでは?」と思われがちですが、何もしなければどんどん濃くなるのは間違いありません。日頃のケアを十分に行うことでシミを薄くしたり広範囲に広げるのを防いだりしてくれます。

 

治らないと諦めずケアをしていくことが大切です。

 

<おすすめの化粧品>

 

シミに効果を実感できたとリピート率93.9%のシミ対策オールインワンジェル化粧品「シミウスジェル」がおすすめです。

 

毎日続けることができる金額設定で、何より効果を実感したという口コミが多数寄せられています。また、オールインワンジェルのため、シミ予防以外にも潤い成分など普段のスキンケアに必要な成分も含まれており毎日のスキンケアでシミケアもできる商品です。

 

毎日続けるものだから、時短でお手入れがしっかりできるのは嬉しいですよね。

 

まとめ

 

遺伝によるシミでも日々のケアを大切にしていくことが重要です。また、遺伝といえども人の肌の細胞はターンオーバーという肌の周期に合わせて生まれ変わっています。食事や睡眠など内面からのアプローチと化粧品という外面からのアプローチで改善していくことは可能です。

 

肌のターンオーバーの周期は人それぞれと言われていますが、3カ月あればほとんどの人が新しい細胞に変わります。まずは3カ月毎日のお手入れを続け、変化を見てみてください。何度も言いますが、諦めないことが大切です。

 

>>シミに効くオールインワン「シミウス」の詳細はこちら