シミを取るためにはどうしたら良い?医薬品と医薬部外品の違いって何?

シミ医薬品

 

シミを取る方法は、セルフケアや病院への通院など様々あります。セルフケアでシミが取れるのであれば、経済的にも時間的にも楽ですよね。

 

セルフケアでシミをとる方法と商品の選び方を詳しく説明します。

 

セルフケアでシミをとるなら

 

セルフケアでシミをとるのに一番身近なのが化粧品です。シミ対策が出来る化粧品は大きく3つに分けることができます。

 

<雑品>

 

医薬品や医薬部外品に指定されている成分が入っていない化粧品をいいます。シミを「予防する」化粧品のことをいいます。または、なんとなく肌に良いなどアバウトな成分が入っていることもあります。

 

<医薬部外品>

 

医薬部外品も雑品と同じシミの予防の範疇を超えないというのが一般的なものです。実は、医薬品と医薬部外品の境目はあいまいだったりもします。

 

<医薬品>

 

シミを消してくれる化粧品のことをいいます。医者のみが扱うことのできる成分なので、医薬品のシミケア用品は美容クリニックや皮膚科のみでしか購入することができません。

 

3種類の違いをそれぞれ挙げましたが、美容効果は人それぞれです。自分に合ったものを見つけることが一番重要です。

 

シミ対策化粧品との付き合い方

 

どの部類のシミ対策化粧品を選んだ場合にも、少なくとも3週間は使い続けることが大切です。シミにも種類があり、できたばかりのシミは雑品でも消えてくれることがあります。

 

化粧品だけでなく、睡眠や食事など、普段の生活を整える事で消える事もあります。医薬品でも、今日使い始めて明日消えるというこはほとんどありません。大切なのは、あれもこれも使うのではなく、一度使ったら一定期間続けることです。

 

一定期間使うことでシミに合っている成分かどうかも見極めることができます。

 

シミを消すに医薬品と医薬部外品 まとめ

 

結論から言うと、どちらを選んでも効果は人それぞれです。ただ、医薬品は専門的な場所でしか手に入れることができないため金額も高い場合がありますし、肌にも強い刺激を与える場合があります。

 

セルフケアを始める1段階目としては医薬部外品から試してみるのも良いのではないでしょうか。

 

医薬部外品で人気を集めているシミ対策化粧品としては、オールインワンジェルの「シミウスジェル」がおすすめです。

 

オールインワンなので普段のスキンケアも一緒に行うことができます。また、シミウスジェルは医薬部外品ですが「医学と薬学」という専門雑誌に取り上げられるほどの商品です。

 

また、金額もお手軽で定期コースを申し込むことでより安く購入できます。まずは「シミウスジェル」でシミ対策を始めてみるのもよいのではないでしょうか。

 

興味がある人は、是非、検討してみてください。

 

>>シミに効くオールインワン「シミウス」の詳細はこちら