シミを消したい。シミに効果がある化粧品を知りたい!

シミを消したい

 

シミがあることで、年齢よりも老けて見られる経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。シミは女性の大敵。1度シミができてしまうとケアが厄介で「シミを消したい!」と悩んでいる人も多くいます。

 

シミに効果がある化粧品は多く出ていますが、実は、シミの種類や肌の悩みが人それぞれ違うため自分に合った物を選ばなければ効果が中々見られないということを知っていますか。

 

シミの種類や肌悩みと一緒に詳しく説明していきます。「シミを消したい」と強く望んでいる人必見です。

 

シミの種類とは?

 

<炎症性色素沈着>

 

過去の皮膚の炎症や傷が色素沈着してシミとなる物です。ニキビ跡や傷跡などが時間がたっても消えず、残っているものや虫刺されや脱毛で炎症を起こしあとになったものなどがあります。

 

<老人性色素斑>

 

シミの中で最も多いと言われています。日焼け対策を若い頃にしていなかった人によくあらわれるシミです。丸い色素斑として表面に出てくることが多く、年を重ねるごとによりくっきりと目立ってくるようになります。

 

<脂漏性角化症>

 

皮膚の表面に大きなほくろのようなイボの様な黒いふくらみのあるものです。医学的にも皮膚の良性腫瘍といわれるもので、紫外線などにあたることでさらに大きくなっていきます。

 

<雀卵斑>

 

ソバカスともいわれるこのシミは、主に眼の下あたりにできる点です。遺伝的な原因もありますが、それ以外にも思春期のはじめに紫外線などの外からの強い刺激による影響があると言われています。また、思春期に受けた外的要因により広範囲に広がったり濃くなったりすることがあります。肌の色が白い人に多くみられます。

 

<肝斑>

 

主に眼の下にぼんやりと現れるしみで、形が左右対称に近いといわれています。茶色や灰色など色は様々ですが、肝臓の形に似ていることで肝斑とよばれています。肝機能とは関係なく、妊娠中に現れたり閉経で治るなど女性ホルモンのバランスと深く関係していると言われています。

 

<花弁状色素斑点>

 

日焼けにより、首や肩、腕などにできるシミです。海水浴や雪焼けなど強い紫外線を浴びることでできます。

 

肌の悩みの違い

 

シミを消したいと同時に、他の肌の悩みも解決できれば一石二鳥です。それぞれの悩みも一緒に解決する方法です。

 

<シミと一緒にたるみやシワも気になる>

 

美白効果が見られるリフトマッサージ可能な商品がおすすめです。美白マッサージ用のオールインワンジェル化粧品であれば、一緒に肌の悩みも解決することができます。

 

<濃いシミを早く治したい>

 

ハイドロキノン配合の化粧品が即効性が高いといわれています。皮膚科のシミ治療にも使われている成分です。

 

<敏感肌にも安心>

 

敏感肌の人は、肌が弱い人です。化粧品によってはピリピリ感じたり赤くなったりなど別の肌トラブルを引き起こすことがあります。敏感肌でも使える美白化粧品がおすすめです。

 

シミの種類と肌の悩みによる化粧品選びのまとめ

 

シミにもこれだけの種類があります。シミを消したいけど、消えないと悩んでいる人は、まず自分のシミがどの種類なのかを知ることから始めてみてはどうでしょうか。また、シミ以外の肌の悩みも同時に解決できる自分に合ったものを選ぶことでより満足感が得られると思います。

 

シミを消したいと思っている人に人気の「シミウスジェル」はおすすめです。シミを消したいという願いだけでなく、他の肌トラブルにも効果があると評判です。一度試してみてはどうでしょうか。

 

>>シミに効くオールインワン「シミウス」の詳細はこちら