食べ物でシミが消えるって本当?

シミ食べ物

 

一度できてしまったら中々厄介なシミ。お金をだして美容外科や皮膚科に行く方法もあるのだけど、時間とお金がかかるし。もっと簡単な方法はないのか悩んでいる女性は沢山います。

 

シミに効果のある化粧品を探したり、これ以上シミが濃くなったり増えたりしない様にケアをしてみたりと方法は様々ですが、実は、シミに効果のある食べ物があるんです。

 

あまり知られていませんが、今日から食事に取り入れて、内面からシミケアをしてみましょう。

 

シミケアに効果のある栄養素

 

シミケアに効果があると言われている栄養素は全部で6つです。

 

<ビタミンC>

 

ビタミンCは女性の美容成分には欠かせない物です。しかし、ちょっとのストレスや紫外線など普段の生活で知らない間にどんどん失われてしまいます。

 

また、体内で自分で作り出すことはできないため外部からの摂取が必要です。また、シミの原因となる活性酸素を除去してくれる抗酸化作用の高い栄養素であるため、メラニンの生成も抑制してくれます。

 

<ビタミンB2>

 

ビタミンB2には、肌の代謝を高め新陳代謝を正常にする作用があります。もともと、シミはメラニンが生成されることと、肌のターンオーバーが滞ってしまうことのダブルの現象で作られます。

 

代謝を上げることは、肌のターンオーバーを正常に保つことにつながるためメラニンの排出を促してくれます。

 

<L−システイン>

これも新陳代謝に関係する作用があります。新陳代謝を正常化してくれるため、ビタミンB2と同様メラニンの排出を促してくれます。

 

<リコピン>

 

良く聞く栄養成分ではないかとおもいます。ビタミンEの100倍の抗酸化力を持っていると言われているリコピンは、紫外線による肌のダメージを修復してくれます。

 

そのため、メラニンの生成を抑制する効果があるといわれています。

 

<アスタキサンチン>

 

抗酸化作用が高い栄養成分です。肌のダメージの修復やメラニン生成の抑制に作用してくれます。

 

<エラグ酸>

 

ポリフェノールの一種で、抗酸化作用が高く肌細胞の老化を抑制します。メラニン抑制の効果もあるので美白効果の高い栄養素といわれています。

 

これらの栄養素を含んだ食材の紹介

 

<ビタミンC>

 

柑橘系に多く含まれていますが、他にも赤ピーマンなどにも含まれています。

 

<ビタミンB2>

 

豚レバーや牛レバーなどに多く含まれています。

 

<L−システイン>

 

大豆やはちみつなどに多く含まれています。

 

<リコピン>

 

トマトやピーマンに多く含まれています。

 

<アスタキサンチン>

 

鮭やいくらなどに多く含まれています。

 

<エラグ酸>

 

ザクロやベリーなどに多く含まれています。

 

これらの食材を積極的に摂取することで、シミケアへとつなげることができます。また、ビタミンCは美容に高い効果を持っている一方で失われやすい性質を持っています。

 

積極的に摂取することがおすすめです。

 

シミケアに効果のある食べ物のまとめ

 

シミケアに効果のある食べ物を摂取し、内側からのシミケアにも力をいれてみませんか。

 

外側から化粧品の力で、内側から食べ物の力で、ダブルでシミケアをすることでより効果が実感できるのではないでしょうか。

 

>>シミに効くオールインワン「シミウス」の詳細はこちら