シミウスジェルとビーグレンどちらがおすすめ?

シミウスビーグレン

 

シミウスジェルが人気となっている理由は、オールインワン化粧品ということです。オールインワン化粧品であるにも関わらず、シミ対策の美白効果が見込めるという点がより話題となりリピート率は93.9%となっています。

 

ただ、美白化粧品であれば他にも色々な会社が出しています。中でも有名なのがビーグレンです。ビーグレンは、肌の悩みに合わせて化粧品を発売しており、人気の美白化粧品です。この2つのどちらの方が良いのか比較してみたいと思います。

 

シミウスジェルのオールインワン化粧品とは?

 

シミウスビーグレン

 

オールインワン化粧品とは、普段、化粧水、乳液、美容クリームなど用途に合わせて別々に購入したり肌に付けたりする物を1つにまとめた化粧品のことを言います。

 

オールインワン化粧品は、仕事、家事、育児など時間が無いけど美容にも手を抜きたくないという女性に時短で簡単でと人気を集めています。

 

オールインワン化粧品にも様々あり、成分や担ってくれる役割も物によります。

 

ちなみに、シミウスジェルは1つで10役の仕事をしてくれます。具体的には、化粧水、乳液、クリーム、アイクリーム、パック、マッサージ、美白、保湿、化粧下地、美容液の10役です。

 

シミウスジェルとビーグレンの比較

 

<担ってくれる役割とは?>

 

シミウスジェル:10役

 

ビーグレン:選んだ商品による。美白をメインとしている

 

<美白成分>

 

シミウスジェル:プラセンタ、シコンエキス

 

ビーグレン:ハイドロキノン

 

<金額>

 

シミウスジェル:5,122円(定期コースを申し込むと4,098円)

 

ビーグレン:28,620円(シミ改善アイテム5商品をそろえた場合)

 

<返金保証>

 

シミウスジェル:30日間

 

ビーグレン:365日間

 

<口コミ>

 

シミウスビーグレン

 

シミウスジェル:オールインワン化粧品なので時短で、さらに肌の色のトーンが明るくなった。

 

ビーグレン:美白効果があったが、白斑ができてしまった。

 

比較から分かること

 

シミウスビーグレン

 

それぞれにこだわっている部分があるため、単純に比較は難しいですが、ビーグレンの美白成分であるハイドロキノンは美白効果は強いと言われていますが、その反面、肌への刺激も強い成分といわれています。

 

シミウスジェルの美白成分のシコンエキスとプラセンタは、肌に刺激が少ない成分での美白となっています。

 

金額も全く違います。お金をかけて綺麗になるのは当たり前。コストを抑えながら綺麗になれる商品の方が良いですよね。また、お手入れの時間を考えても、シミウスジェルの方が簡単で続けることが出来るのではと思います。

シミウスジェルとビーグレンの比較 まとめ

 

シミウスビーグレン

 

化粧品は、人それぞれ好みがありますが、同じシミ対策が出来る化粧品であれば、より安く簡単な方が良いですよね。

 

比較した結果、オールインワンジェルの方がおすすめなのではと思います。また、美白に効果があっても、他の肌トラブルが引き起こされては意味がありません。

 

自分の肌にあったものを選んでほしいと思います。

 

>>シミウスの詳細はこちら